ヨーロッパでの免税ショッピング

    innova groupヨーロッパに海外旅行(それらの国に居住していない事が最低条件。)として行かれる方は、訪問国での一定金額(国ごとに異なります。)以上の商品購入の際の付加価値税(VAT)に対しては納税義務はありませんが、一般的に商品にはこの付加価値税(VAT)が含まれた金額で値段が表示され販売されています。その為にヨーロッパの多くのショップでは旅行者に対して付加価値税(VAT)の払戻し、つまり免税手続きができるように弊社インノヴァ・タックスフリーのようなタックスリファンドエージェントに加盟しており、免税の為の手続き用紙を発行できるようになっています。ですが数年前迄は現地でその手続きを行っても、訪問国の通貨(現金)でしか出国の際に払戻しを受ける事しかできなかったり、クレジットカード口座への払戻し手続きをする場合はカード明細のご利用金額が付加価値税(VAT)払戻し分を相殺した金額で表示される、という方法しかありませんでした。更に日本語での案内がとても少なかったり、日本人旅行者の多くの方が免税手続き方法がわからず付加価値税(VAT)払戻しを受けることができないまま、ご帰国されているケースが大変多くありました。そこで弊社インノヴァ・タックスフリーでは、日本人旅行者がご帰国後すぐに日本円現金で加価値税(VAT)払戻しをご提供するサービスを2008年7月より成田国際空港到着フロアーのKTC・QLライナーカウンターで、2013年6月より関西国際空港到着フロアーのKABS・関西エアポートバッケージサービスカウンターにて開始致しました。

    もちろん今まで通りに最終出国地の税関にて輸出証明印を受領した免税手続き用紙を弊社インノヴァ・タックスフリーへ郵送して頂いても良いのですが、ヨーロッパの郵便事情により投函した付加価値税(VAT)払戻し用紙が届かず、紛失してしまう可能性があります。投函した付加価値税(VAT)払戻し用紙が弊社インノヴァ・タックスフリーに届かない場合は加価値税(VAT)払戻しを受け取ることができません。このような事態を回避するためにも付加価値税(VAT)払戻し用紙は出来るだけ投函せずに、弊社インノヴァ・タックスフリー・キャッシュ・付加価値税(VAT)払戻しカウンターの成田国際空港内(KTC・QLライナーカウンター)関西国際空港内(KABS・関西エアポートバッケージサービスカウンター)での免税手続きをお勧め致します。

成田・関西国際空港で付加価値税(VAT)のお金が日本円現金で受け取れます!!
(現在各空港カウンターにて払い戻し可能な書類のご案内です。)
innova group このロゴマークの記載されている付加価値税(VAT)払戻し用紙全て。
innova group このロゴマークの記載されている付加価値税(VAT)払戻し用紙全て。

スペインのデパート、EL CORTE INGLES(エル・コルテ・イングレス)でお買い物された商品を弊社innova taxfree書類にて免税手続きを申請された方々は弊社の成田国際空港カウンターや関西国際空港カウンターで行なえます。
innova group このロゴマークの記載されている付加価値税(VAT)払戻し用紙全て。

用紙に寄りロゴではなく単に(La Caixa)等しか記載ない場合もありますが、それらの用紙にも対応。

免税手続方法とその手順の御案内

ステップ1 スペーサー ステップ・1 / お店にて

ヨーロッパ圏内の弊社インノヴァ・タックスフリー・グループ加盟店でのお買い物を終え、お支払いの際にパスポートを提示して付加価値税(VAT)払戻し用紙をご請求ください。その用紙の記入事項(氏名、住所、パスポート番号、購入金額等)に誤りがないかしっかりとご確認の上ご署名頂き、お客様控えを必ずお受け取り、保管下さい。

免税としてお受け取りして頂く付加価値税(VAT)払戻し額は、購入時に支払った付加価値税(VAT)額よりインノヴァ・タックスフリー社手数料を差し引いた額となり、インノヴァ・タックスフリー・グループ付加価値税(VAT)払戻し用紙上でご確認できます。

(注意)
購入品は指定期間内に国外(ECの場合はEC圏外)にご購入者本人が持ち出さなくてはいけません。又、それらの商品は個人使用を目的とした物に限られます。
ステップ2 スペーサー ステップ・2 / 空港や最終出国場所等の税関にて

ご出国の際に税関で、インノヴァ・タックスフリー・グループ付加価値税(VAT)払戻し用紙(お買い物をしたお店で預かるお客様控え)に記載されているすべての購入品(未使用に限る)、レシート、パスポート、搭乗券を税関員に提示し、インノヴァ・タックスフリー・グループ付加価値税(VAT)払戻し用紙に輸出証明印(この税関印がありませんと、払戻しが受けれません。)をお受けください。
※(輸出証明印の受領期限は国毎に異なります。)

<航空機で出国する場合の手続き方法>
購入品を機内預けとする場合
荷物をチェックインする前に所定の税関オフィスで購入品等を提示し税関印を受けます。その後で機内預け荷物としてください。
購入品を手荷物とする場合
搭乗手続き、出国手続きを済ませた後に搭乗エリア内にある税関に行き、購入品を提示し税関印を受けてください。

(注意)
空港によっては手順が異なりますので詳しくは現地ご確認ください。又、税関での承認印(税関印)は税関職員の判断に全て委ねられています。
ステップ3 スペーサー ステップ・3 / 成田・関西国際空港到着フロアーにて

ステップ 1・2が終了したインノヴァ・タックスフリー・グループ付加価値税(VAT)払戻し用紙を持って成田国際空港に到着のお客様はKTC・QLライナーカウンターへ、関西国際空港に到着のお客様はKABS・関西エアポートバッケージサービスカウンター迄お越し下さい!!
付加価値税(VAT)払戻し用紙に記載されている免税金額を確認後、日本円にて付加価値税(VAT)払戻しをさせて頂きます。手続きはいたって簡単ですので余計なお時間は取らせません!!

免税手続きを郵送やクレジットカード口座への返金手続等で行うと、数週間から数ヶ月かかってしまう付加価値税(VAT)払戻しもKTC・QLライナーカウンターやKABS・関西エアポートバッケージサービスカウンターでしたら、ほんの数分で現金にて付加価値税(VAT)払戻しができます。

(注意)
付加価値税(VAT)払戻し用紙の記入不備や税関印のない物等への付加価値税(VAT)払戻しが出来ない場合や、又は免税額が巨額な場合(クレジットカード口座への返金手続とさせて頂きます。)は現金払戻しが出来ない場合もありますのでご了承下さい。

成田国際空港/KTC・QLライナーカウンターの御案内


QLライナーロゴ

ご旅行前に、是非ご確認ください。

QLライナーカウンター


QLライナーカウンター

関西国際空港/KABS・エアポートバッケージサービスカウンターの御案内


KABSカウンターロゴ

ご旅行前に、是非ご確認ください。

KABSカウンター



成田国際空港KTC・QLライナーカウンターや関西国際空港KABS・エアポートバッケージサービスカウンターでは日本円現金での付加価値税(VAT)払戻しをご提供するサービスのみとなり、他インノヴァ・タックスフリー・グループのカスタマーサービス等の業務は一切行っておりませんのでご了承下さい。
もし何かインノヴァ・タックスフリー・グループに関してのお問い合わせ等がある場合は、お手数でも下記メールアドレスまで日本語で御連絡頂けるようお願い致します。
またお問い合わせの際には、お手持ちのリファンド用紙がインノヴァ・タックスフリー・グループの付加価値税(VAT)払戻し用紙だという事をご確認の上お問い合わせ下さい。

インノヴァ・タックスフリー・グループの付加価値税(VAT)払戻しに関するお問い合わせは、お手持ちのリファンド用紙の画像添付をして頂き以下メールアドレス迄送信下さい。
インノヴァ・タックスフリー・グループ以外のリファンドに関してのお問い合わせの応対は致しかねますのでご了承下さい。

innova-taxfree@spain-guide.com


マドリッドのお天気

レアール・マドリード観戦チケット

アルハンブラ宮殿見学チケット

サグラダ・ファミリア入場チケット

マドリッドのレストラン

当サイトに関して

地球の歩き方ブログ



ケータイからも
「地球の歩き方特派員」
をご覧いただけます!!